AIと物流について、5つの使用例

OcadoからRolls Royceまで、物流の世界は驚くべきスピードで変化してい

セルゲイ・リプチェンコ Sergey LypchenkoCleveroadテクニカルライター

人工知能は、無数の産業を自動化できるようにすることで、世界を変えている。AIアプリケーションが例外ではなく急速に標準になりつつある物流業界ほど、この影響は強く感じられる業界はない。

McKinseyによると、AIは製造プロセスとサプライチェーンに実装されていくために、物流会社は経済価値を年間1.3兆ドルから2兆ドル獲得することができる。

この記事では、AIを物流部門で展開する5つの方法について説明し、AIを既に利益のために使用している企業を紹介する。

自動倉庫

倉庫業務は自動化されつつある。データ収集から在庫管理まで、すべてを機械で行うことができる。AIは製品の需要を予測するために使用されるため、正確な数量で配送を手配でき、輸送費やその他のコストを削減できる。

オンラインの英国のスーパーマーケットOcadoは、1週間に約65,000件の注文を処理するAI支援ロボットを作成した。ロボットは倉庫内で食料品を移動、持ち上げ、選別する。人間の労働者は選択された製品を包装するだけで、注文処理の時間が大幅に短縮される。

自動運転車

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP