AIが新たに3つの抗マラリア薬候補を発見(AI×医薬品)【論文】

   

マラリアは主にアフリカの人々にとっては深刻な病気である。薬への耐性を獲得してしまうマラリアには、新たな治療薬が求められている。

課題:薬剤耐性を獲得したマラリアには薬が効かない

抗マラリア薬は、世界中で拡大している新型コロナウイルスに対して有効な治療効果を示すかもしれないとして注目されている。一方で、マラリア原虫が薬剤耐性を獲得してしまう問題もあり、抗マラリア薬の新薬開発は急務の課題となっている。

マラリア原虫のゲノム配列解析により、プロテインキナーゼという酵素が治療標的として期待されている。そこで、プロテインキナーゼに対して活性を持ち、耐性菌に対して有効な効果が見込める化合物を特定すれば、薬剤耐性を克服した新規抗マラリア薬の開発が実現できるかもしれない。

薬剤耐性を獲得したマラリアに対して有効な治療薬を特定するという課題において、実際にどんな研究が行われているのだろうか。ブラジルにあるゴイアス連邦大学のMarilia N. N. Limaら研究者の発表を紹介したい。

彼らは、熱帯熱マラリア原虫の耐性株で活性を持つ化合物バーチャルスクリーニングを行うことで、新規抗マラリア薬候補の特定を試みたのだった。

テーマ:耐性を克服する新規抗マラリア薬候補を特定する

まずはMarilia N. N. Limaらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP