デバイスとセンター間の高速アクセスフレームワーク!【AI論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IoT(モノのインターネット)時代において、端末とコンピュータセンターとの相互アクセスは活発化する。
一般消費者の生活に浸透しているIoTデバイスといえば今はスマートフォンかもしれないが、数年後には生活必需品のほとんどはネット接続されているかもしれない。

https://youtu.be/urWv-_EqS9M

以下は、IoT時代における端末-センター間のデータアクセスの高速化についての研究論文紹介である。

(Featured AI) The speed of accessing to knowledge on internet will be much higher (Publication)

M. Wielgosz and M. Karwatowski, “Mapping Neural Networks to FPGA-Based IoT Devices for Ultra-Low Latency Processing”. Sensors, 19(13), 2981 (2019). について

DOI: 10.3390/s19132981

3つの要点

✔️IoTがより一般化していく時代において、必要な知識へのより高速なアクセスが重要となる。

ニューラルネットワークをハードウェアに適用するための技術が開発された。

✔️この研究で使用されたフレームワークは公開されている

概説

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP