恥ずかしい瞬間を映さない監視カメラ、AIで実現(AI×セキュリティ)【論文】

   

AIは、来るべき監視社会のプライバシー保護に欠かせない。

もくじ
課題:家庭内カメラではプライバシー保護が必要
テーマ:プライバシーを保護する監視カメラシステムの開発
目的:「恥ずかしい状況」をカメラに映さないようにする
手法:YOLOで「恥ずかしい状況」を識別する
結果:94.48%の精度で「恥ずかしい状況」を識別できた

課題:家庭内カメラではプライバシー保護が必要

スマートホーム製品の普及によって、ペットや赤ちゃんの様子を確認する目的でセキュリティカメラを設置する家庭も珍しい存在ではなくなってきた。

そんな中、次第にプライバシーに関わる新たな懸念も生じてきた。これまでの研究によって、セキュリティカメラは人間のメンタルヘルスに影響を与える可能性があることが明らかになっているのだ。これはペットや赤ちゃんに関わらず、今後発展が期待される高齢者や障害者介護のためのスマートホームシステムの展開にも、大きな障害となりうる問題である。

セキュリティカメラの普及とプライバシー保護という相反する課題において、研究者たちはどのように向き合っているのだろうか。中国にある貴州大学のGuanci Yangら研究者の発表を紹介したい。

彼らは、人間が「恥ずかしい」と感じる状況を識別するYOLOベースの物体認識アルゴリズムを開発し、その映像は観覧できない仕組み作りに取り掛かったのだった。

テーマ:プライバシーを保護する監視カメラシステムの開発

まずはGuanci Yang らの研究におけるミッション・手法・結果をまとめた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP