配管計装図の記号を識別、自動的なデジタル化が可能に(AI×製造)【論文】

   

AIは人間が作った記号の意味を理解できるか?

課題:配管計装図のデジタル化を自動で進めたい

配管計装図(P&ID)は計測器の相互作用を示す図で、プロセス産業(化学製品や繊維などにおける製造業)のエンジニアリングで重要な役割を担っている。この配管計装図には、計装、配管、バルブ、制御ロジックなどの製造に関わる多くの情報が含まれている。

実際の現場では、大規模なエンジニアチームによって、この情報から必要な要素を手作業でデジタル化してきた。この部分をより効率化するために、自動的にデジタル化を可能にするモジュールが求められている。しかし、配管計装図には記号が多分に含まれ、情報が複雑に絡み合っているため、情報を自動的に抽出することは困難である。

配管計装図から自動的に情報を抽出するという課題においては、実際にどんな研究が行われているのだろうか。韓国にある中央大学のDong-Yeol Yunら研究者の発表を紹介したい。

彼らは、配管計装図に含まれる専門記号を認識するためのオブジェクト検出手法の実装を試みたのだった。

テーマ:配管計装図のオブジェクト検出モデルを構築する

まずはYunらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP