AIで迷惑電話がなくなる!?他 最新のAI関連特許5選【週刊】

   

こんにちは。アイブンライターの飯田です。

商業的に価値があると判断されたAIの技術は特許として出願されます。それらの情報を集めれば、いま企業間で競争が行われているAIの開発内容が見えてくることでしょう。

今週はソースコードの価値を算出するAIシステムや迷惑な電話を防止するAIアシスタントをはじめとした計5本の特許を紹介します!

今週のラインナップ
1. ソースコードの価値を正しく評価するAI
2. 迷惑電話に出なくて済むAI
3. 物件の適正価格を算出するAI
4. クレカ不要のオンライン決済AI
5. 骨密度の遺伝率を分析するAI

バックナンバーはこちら

ソースコードの価値を正しく評価するAI

日本の株式会社ONE  ACTは、プログラムソースコードを売買するためのAI売買システムを開発しました。

現在、売買を仲介するシステムとしては、Amazonのように販売者が価格を決めるケース、もしくはメルカリのように当事者同士で価格を調整して価格を決めるシステムが存在しております。

これらは需要と供給のバランスで妥当な価格を導き出すケースがほとんどですが、プログラムのソースコードの場合、複製が可能であったり販売に制限をかけたりすることができないため、商品の価値がより小さいものとなってしまいます。

そこで株式会社ONE  ACTは、外部サービスから類似のソースコードを探し出し、ソースコードに関連したニュースの記事情報や株価情報を基に価格を変動させるAIを開発しました。例えば、仮想通貨におけるソースコードの価格を決める際に、仮想通貨の現在の情勢を鑑みて、仮想通貨関連の情報が盛り上がっているので、ソースコードも高値になるように変動します。

ライター飯田のコメント
私自身IT業界に身を置いておりますが、確かにソースコードの価値を算出するのは難しく、また時代にそぐわないとレガシーシステムとなり、全くの意味のないものとなってしまいます。世の中の流れに合わせて価格が変動できるのは新しい切り口で非常に面白いと感じました。

特許の詳細:AIを使用したソースコード売買システム

関連記事:AIに文章を読ませてみよう!実装を試せる「コードありAI論文」5選【週刊】

迷惑電話に出なくて済むAI

韓国のSAMSUNG ELECTRONICS社は、悪意のある電話をフィルタリングするAI音声アシスタントシステムを開発しました。

従来、悪意のある電話をフィルタリングするためには、電話番号を事前に登録して照合しなければなりませんでした。しかしながら、これでは新しい電話番号を弾くことができず、対策としては不十分です。

また別の手法としては、ユーザーが電話をしている間に悪意のある通話か否かをリアルタイムでユーザーに通知する技術開発がされてきましたが、これではユーザー自身が電話をかけなければならず、負担が大きくなってしまいます。

そこでSAMSUNG ELECTRONICS社は、AI音声アシスタントシステムを開発しました。悪意のある電話がかかってきた場合、まずはAI音声アシスタントが受付を行い、会話の内容を聞いた後に要約します。その要約を見たユーザーは電話に出るか通話を終了させるかを判断することができます。

ライター飯田のコメント
私も対面で電話を切ることは中々できず、お互いの時間を潰してしまうケースが多いのですが、間に音声アシスタントが入ることにより、出たくない電話にでなくて良いのは非常に便利だと思いました。

特許の詳細:ELECTRONIC APPARATUS, CONTROLLING METHOD OF ELECTRONIC APPARATUS AND COMPUTER READABLE MEDIUM

関連記事:「噂」のリツイートに踊らされないための技術が開発された

物件の適正価格を算出するAI

日本の一般社団法人不動産売却支援ネットと藤和コーポレーション株式会社は、不動産売却計画書オークションAIシステムを開発しました。

不動産を売却する場合、不動産業界では土地相場、公示価格、売却価格を想定し、不動産の査定書として売却主に金額を提示しております。しかしながら、不動産業者にとっては安く早く売却することが利益につながるため、物件の本当の資産価値が分からない状態となっております。

不動産業者は主観によって査定書を作成するため、客観性が欠けており、適正価格が不明確です。また不動産業者を介さずに買主と売主を直接売買させるシステムはありますが、専門的な知識を持っていないことで税金や補償で予想外のコストがかかってしまうなどのトラブルも発生しております。

そこで一般社団法人不動産売却支援ネットと藤和コーポレーション株式会社は、不動産の情報や売却先の候補、その他関連する情報を収集し、不動産の査定金額を算出するAIシステムを開発しました。これらにより客観的なデータを得ることができ、買主も売主も適正な価格で取引をすることが可能になります。

ライター飯田のコメント
不動産は金額が大きいため、査定価格を提示されても売主にとっては確認する術がなく、言われた金額で受け入れるしかありませんでしたが、本システムにより救われる方々も多いと感じました。

特許の詳細:AIを利用した不動産売却計画書オークションシステム

関連記事:オンライン広告の最適な最低落札価格の決め方

クレカ不要のオンライン決済AI

日本の株式会社Paidyは、クレジット不要のオンライン決済AIシステムを開発しました。

オンラインショップで決済を実行する場合、クレジットカードで決済をする必要がありますが、クレジットカードを持っていない方は利用できず、オンラインショップの便利さを享受することができません。

また代引きでお支払いをすれば、クレジットカードは不要となりますが、その場合家で待機をしなければならず、ユーザーにとって不便を感じる点も多いのが現状です。

そこで株式会社Paidyは、クレジット不要で決済ができる決済オンラインAIシステムを開発しました。

ユーザーは電話番号やメールアドレスを打ち込み、オンラインシステムに事前登録を実施することにより、オンラインで決済が可能になり、翌月にまとまった請求書の金額を振り込むことで取引が完了します。電話番号の利用期間やユーザーの取引履歴上で問題がないかなどを確認して取引可能か否かの判断がなされます。不正利用やなりすまし等の可能性が高い場合、取引不可と判定を実施します。

ライター飯田のコメント
私も学生の頃、オンラインショップでモノを購入し荷物が届いた時に、手持ちの現金がなく、コンビニへ走ってお金を卸した経験があります。このシステムがあれば翌月まとまったお金を払うだけなのでクレジットを持っていない方にとっては便利になると感じました。

特許の詳細:注文決済装置、コンピュータプログラム及び注文決済方法

関連記事:クレカやローンまで…金融機関はSNSで人の信用を測る時代に!?

骨密度の遺伝率を分析するAI

中国のSHENZHEN INSTITUTES OF ADVANCED TECHNOLOGYは、骨密度の遺伝率を分析するAIシステムを開発しました。

骨密度は骨の質を測る重要な指標であり、将来骨粗しょう症になるリスクや骨折のリスクなどを予測する上で必要な要素となります。骨密度は遺伝による側面が強く、遺伝率には約50%〜80%にものぼると言われておりますが、その遺伝率を調べるには膨大なサンプルが必要となってしまいます。

また膨大なサンプルと多くの人手を使ったとしても、遺伝率を評価する精度は現状低く、浪費になってしまうケースも少なくありません。

そこでSHENZHEN INSTITUTES OF ADVANCED TECHNOLOGYは、膨大なサンプルが必要なく骨密度の遺伝率を分析するAIシステムを開発しました。

まずは対象者の遺伝子データを採取し、遺伝子を分析した後に、重要な遺伝子を決定します。その後、重要な遺伝子を解析して遺伝性の情報を得てから、骨密度の遺伝性を確認します。 上記の方法を取ることにより、サンプルを基に遺伝率を調べるのではなく、遺伝子から遺伝率を調べることができるため、より精度が高くなることが期待されております。

ライター飯田のコメント
遺伝子分析の手法としては専門用語でトランスクリプトームワイドアソシエーションスタディと言うらしいです。複眼的な見方で今まで難しいと言われていたことを解決できる糸口となるのは、業界問わず必要な視点だと感じました。

特許の詳細:METHOD FOR ANALYZING TRAIT HERITABILITY OF BONE DENSITY AND DEVICE THEREOF

関連記事:「筋肉の老化」予測できる?アンチエイジングが加速する

今週の特許紹介は以上です。また次回をお楽しみに!

【バックナンバーはこちら】

Yoshiaki iida / Engineerforce CEOChairman,President & CEO

投稿者の過去記事

Engineerforceというソフトウェアの会社でCEOをやっております。

国内大手SIer→外資系企業→会社設立

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP