ロボットの嗅覚開発!【AI論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボットへの嗅覚実装の課題感

嗅覚は、モバイルロボット工学でまだ十分に活用されていない分野の貴重な情報を含んでいる。
臭気情報は、実際は視覚など他の感覚にも貢献し、人的環境でのタスク計画やその実行など、ハイレベルのロボット制御に役立つ。

研究者らは、5年に渡るプロジェクトIROの結果として、嗅覚と視覚を組み合わせたロボットアプリケーションの開発と経験についてまとめた。
嗅覚によるロボットの感覚と自律能力の改善がテーマである。

IROプロジェクト用に構築されたe-noseプロトタイプの写真。
モジュール式でコンパクトな設計により、移動ロボットに簡単に取り付けて、アプリケーションの要件に適合させることができる。

実験で使用したロボット:(a)ロードン。および(b)ギラフ。

臭気知覚の有用性

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP