見つけにくい「すい臓がん」、AIで早期発見を目指す(AI×医療)【論文】

   

すい臓がんは、約7割が手術での治療が不可能だと言われているおそろしい病である。早期発見の手立てをAIで探る。

もくじ
課題:すい臓がんは見つけにくい
テーマ:ニューラルネットワークですい臓がんリスクを予測する
目的:すい臓がんを早期発見する
手法:2つのデータセットと人工ニューラルネットワークを利用した
結果:80%以上の精度で予測できた

課題:すい臓がんは見つけにくい

すい臓は体の深い部分に位置する臓器であり、他の臓器や血管に囲まれている。そのため、腫瘍があっても見つかりにくく、診断が難しい。また、すい臓にできたがんは浸潤や転移をしやすい。周辺の太い動脈に浸潤した場合は、腫瘍の大小にかかわらず手術が困難になる。

さらに、すい臓がん特有の症状は、進行した段階でのみ発生するため、早期発見は容易ではない。リスクの高い患者を特定するための信頼できるスクリーニングツールも不足している。

すい臓がんの早期発見という課題に対しては、現在はどのような研究が行われているのだろうか。アメリカにあるイェール大学のWazir Muhammadら研究者の発表を紹介したい。

彼らは、すい臓がんのリスクの予測のための人工ニューラルネットワークモデルを開発したのだった。

テーマ:ニューラルネットワークですい臓がんリスクを予測する

まずはWazir Muhammadらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP