ディープラーニングで労災を防ぐ!?他 最新の製造系AI研究5選

   

このコーナーでは、製造業向けAIの最新研究をお届けしていきます。サクッと業界のトレンドにキャッチアップしましょう!今回のトピックスは以下の5つです!

今週のラインナップ
1. ディープラーニングによる労働災害の防止
2. 6次元物体ポーズ推定
3. 織物の物理的性質の予測
4. AR技術を用いた自動検査
5. 音による異常検知

バックナンバーはこちら

ディープラーニングによる労働災害の防止

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

労働災害による死傷者数の増加は、世界的に問題となっています。例えば、日本では2018年の労働災害による負傷者数は127,329人です。日本での労働災害件数は減少傾向にありましたが、外国人労働者や高齢者の増加に伴い、製造業の多様化が進んだため、その傾向は鈍化しています。

日本の研究チームは、異常検知手法を用いて労働災害を未然に防ぐ総合的な自動監視システムを構築を試みました。労働災害は、工場のルールから労働者が逸脱した場合に発生すると考えられます。労働災害を未然に防ぐために、工場に設置されたカメラから取得できる映像を用いて異常行動を検出することに着目しました。

結果、従来の手法と比較して、より精度の高い検出結果が得られることが確認されました。今後は、従来法に比べて高精度なスケルトンマップを生成できるGAN(Generative adversarial networks)を用いた新たな手法を開発したり、また、モデルへの入力を生の映像とすることも検討しています。

元論文:Anomaly Detection Based on Deep Learning Using Video for Prevention of Industrial Accidents

関連記事▶︎ 薬はもっと速く設計できる?ディープラーニングで検証

6次元物体ポーズ推定によるビンピッキング

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP