ロボットが人間の動きを理解するためのアプローチ【AI論文】

今回紹介する論文はこちら

Peidong Liang, Lianzheng Ge, Yihuan Liu, Lijun Zhao, Ruifeng Li, Ke Wang “An Augmented Discrete-Time Approach for Human-Robot Collaboration”. Discrete Dynamics in Nature and Society, vol. 2016, Article ID 9126056, 13 pages (2016). について

DOI: 10.1155/2016/9126056

3つの要点

✔️従来型ロボットと新世代のロボットを区分するHRCの新機軸となるアプローチを提案する。

✔️提案した拡張離散時間アプローチは安全性、安定性、効率性の観点からロボットが人間の動きを理解する上で有用であると検証された。

✔️拡張離散時間アプローチは今後のHRC評価において様々なシナリオ作成の礎となると期待される。

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP