新ペットロボットは本物そっくり!?他 最新のAI関連特許5選

   

こんにちは、アイブンライターの飯田です。

商業的に価値があると判断されたAIの技術は特許として出願されます。それらの情報を集めれば、いま企業間で競争が行われているAIの開発内容が見えてくることでしょう。

今週はペットロボットなどの消費者ニーズの高い開発をはじめとした計5本の特許を紹介します!

今週のラインナップ
1. 素人でもドローンで遠距離飛行が可能に?
2. 集中治療室用のケアロボットが登場
3. 本物のペットのようなロボットシステム
4. テレアポ業界にもDXの波が押し寄せる!?
5. 美味しい養殖魚がもっと増えるはず

バックナンバーはこちら

素人でもドローンで遠距離飛行が可能に?

韓国のMJGLAB社は、空間情報のビッグデータを用いて自律飛行ドローンの最適ルートを生成し、リモート制御ができるAIシステムを開発しました。

従来は主に軍事用に活用されていたドローン(Drone)は、その簡便性、迅速性、経済性などの利点により、最近では、物流配送、災害救助、放送レジャーなど様々な分野でも活用されるようになってきました。このようにドローンの普及が急速に拡大しておりますが、運転操作の未熟さにより墜落することも多く、高価な部品が破損するという問題があります。これらを回避しようとAIを搭載した自律型ドローンシステムの開発も各社が試みていますが、センサーや通信機器を高価なものに置き換える必要があり、結果として製品単価が上がってしまうという課題があります。

そこでMJGLAB社は、ビッグデータを活用して、空間情報を数値化した後に、出発から目的地までの飛行経路を分析し、最適なルートを導き出して自律飛行を実現させることに成功しました。最適なルートを判別した後は、ワンタッチで目的地まで自律飛行を行うため、ユーザーの操縦熟練度に関係なく、安全に移動することが可能になります。

ライター飯田のコメント
2015年はドローン元年、2018年は物流ドローン元年と呼ばれ、各ベンチャーが注力してサービスを展開しております。色々な視点や切り口から新しい技術が生まれ、ドローン産業が大いに盛り上がることを楽しみにしております。

特許の詳細:BIG DATA-BASED AUTONOMOUS FLIGHT DRONE SYSTEM AND AUTONOMOUS FLIGHT METHOD THEREFOR

関連記事:ドローンで太陽光パネルをメンテナンス!

集中治療室用のケアロボットが登場

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

Yoshiaki iida / Engineerforce CEOChairman,President & CEO

投稿者の過去記事

Engineerforceというソフトウェアの会社でCEOをやっております。

国内大手SIer→外資系企業→会社設立

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP