TwitterをAIで分析した結果「コロナうつ」増加中らしい。

   

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の課題に立ち向かい、AIでチャレンジしつづける研究者たちがいます。彼らの新しい研究発表は、毎日のように論文という形で発表され続けています。それらはデータベース「新型コロナウイルス関連AI論文一覧」に随時追加され、いつでも閲覧可能です。

この週刊記事では、先週データベースに追加された新たな論文をご紹介します!

先週新しく追加された論文は9件

まずは、データベースに新しく追加された論文をお知らせします。

感染拡大分析

  • 機械学習モデルを用いたCOVID-19事例の予測(7/6)

診断補助

  • DenseNet201ベースの深層移動学習を用いたCOVID-19感染者の分類(7/5)
  • X線肺画像を用いたCOVID-19診断支援のためのディープラーニングシステム(7/6)
  • マイクロ流体COVID-19血液学のためのAI対応顕微鏡血液分析(7/7)

社会動向分析

  • COVID-19のための新しい経済的な社会的遠距離スマートデバイス(7/3)
  • COVID-19パンデミック時のTwitterでのうつ傾向のモニタリング(7/3)
  • COVID-19のための機械学習と古典的予測手法に基づく意思決定支援システム(7/5)
  • インドでのCOVID-19との戦闘は、一部からゼロのロックダウンの下で行われています(7/6)

研究まとめ

  • 非COVID-19の研究と出版物は、COVID-19の研究に決して翻弄されてはなりません(7/3)

今週はCOVID-19の感染に関する研究についての注意に関する研究が出るなど、現実的な課題を伝えようとする動きが強まっている感じられました。

【PICKUP】ステイホームによるうつ病の研究

その中でも特に注目度の高い研究は、COVID-19拡大に伴うステイホームが、人々の心の健康にどのように影響しているのかをTwitterを利用して検証する以下の研究でした。

社会動向分析:COVID-19パンデミック時のTwitterでのうつ傾向のモニタリング(07/03)

研究内容

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP