産業用高速ロボット制御のための機械学習【AI論文】

インダストリー4.0

インダストリー4.0は、工場内でのロボットのコラボレーションの利便性と有効性を向上させることを目指している。

人間とロボットの相互作用は、柔軟で信頼性の高い生産を可能にする高度な知覚システムによって強化される。

Francesco Castelliらの取り組みは、産業での連携を向上する目的で競う挑戦の結果を出す有力候補の1つである。

この挑戦の競争では、電気モーターの製造過程で銅線の巻線を自動化する機械学習技術に基づく新しい視覚サーボシステムを開発した。

(a)ソース画像。(b)エッジ画像。(c)線のクラスター(赤、青)および最後に選択された線(緑)。(d)ViSP移動エッジトラッカーの結果。ViSP:視覚サーボプラットフォーム。

画像ベースの視覚サーボシステムは、多くの場合、ロボット制御速度に対して低周波数で動作する画像処理モジュールの速度によって制限される。

新サーボ

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP