故障パターンの認識!?ほか 最新の製造AI研究5選【週刊】

   

このコーナーでは、製造業向けAIの最新研究をお届けしていきます。サクッと業界のトレンドにキャッチアップしましょう!今回のトピックスは以下の5つです!

今週のラインナップ
1. 綿製品のプラスチック混入検出
2. 銅合金の自動粒度評価
3. コンクリートの欠陥検出
4. 変圧器の故障パターンの認識
5. RGBカメラによる人物追跡

バックナンバーはこちら

綿製品のプラスチック混入検出

綿原料に含まれるプラスチックの除去は、米国の綿花産業にとっての最重要課題です。市場に出回る綿にプラスチックが混入する主な原因の一つとして、綿の収穫と加工の際に用いられる、綿を包装するプラスチックが挙げられます。

アメリカの研究チームは、このプラスチック汚染を軽減するために、低コストのカラーカメラを使用した検査システムを開発しました。このシステムはプラスチック汚染を自動的に検出する機械学習プログラムが組み込まれており、綿を加工する際にプラスチックが存在していた場合、綿織機の担当者に警告がなされます。

このシステムは、2019年の綿花収穫シーズン全体を通して、2つの商業用綿織機と2018年の綿花収穫シーズンの1つの綿織機でテストされました。結果、それまでと比べて商品に混入するプラスチックは大幅に少なくなりました。

元論文:A Cotton Module Feeder Plastic Contamination Inspection System

関連記事▶︎ ディープラーニングで溶接の欠陥を検出する

銅合金の自動粒度評価

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP