飛行機の「自動製造」をハッキングから守るための技術が開発された(AI×製造)【論文】

   

製造の自動化は外部からの悪意によるリスクを孕んでいる。

もくじ
1.課題:航空機の組み立て自動化はハックが怖い
2.テーマ:「リスク改善」を支援する人工ニューラルネットワークを導入してみる
3.目的:航空機の自動生産の問題点をつぶす
4.手法:人工ニューラルネットワークによるエラー検知
5.結果:有用性と将来性が示された

課題:航空機の組み立て自動化はハックが怖い

アメリカの航空機大手のボーイング社は5月27日、過去に墜落事故を起こした主力旅客機である「737MAX」の生産再開を発表した。しかし、新型コロナウイルスの影響で航空需要が激減しており、この影響は長期にわたることが懸念されている。

現在、民間航空機の組立においては、自動化が製造のすべての段階の基盤となっており、多くは遠隔操作で生産する「ターンキー」システムを採用している。 この自動化は効率的だが、ハッカーによって妨害されたりする可能性があり、致命的な欠陥につながる恐れがある。

そのように航空機製造の事情が変化している昨今だが、AIを活用したプロセス改革が研究されているのをご存知だろうか?

イギリスにあるキャピトル工科大学の McAndrew Ianら研究者は、航空機の自動組み立てにおける生産ラインの監視という課題に着目し、人工ニューラルネットワークによるエラー検出を提案したのだった。

テーマ:「リスク改善」を支援する人工ニューラルネットワークを導入してみる

まずはMcAndrew Ianらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP