その予測合ってる?タンパク質構造予測の精度を評価(AI×医薬品)【論文】

   

タンパク質の構造を正確に予測したい

製薬企業とAI企業の連携が進んでいる。5月29日には、中外製薬とFRONTEOが、創薬支援AIシステムのライセンス契約を締結したことが記憶に新しい。

創薬研究をする上では、タンパク質の構造予測が欠かせない。しかし、依然として高精度のタンパク質構造の予測(モデリング)は困難な課題となっている。

これは、分子置換、小分子結合、タンパク質間相互作用の研究など、原子レベルの精度が必要な場合に特に顕著である。より高精度な推定を行うためには、複数のタンパク質モデル候補の中から、より実際の構造に近いモデルを選択する必要がある。

タンパク質の構造予測においては、AIが活躍する余地がある。そこで、こんな研究を紹介したいと思う。

インドにあるインド理科大学院のSoumya Sanyalら研究者は、モデリングされたタンパク質構造の精度の評価という課題に着目し、機械学習を用いて評価を試みた。

結果、モデリングされたタンパク質の精度を正しく評価できたのだろうか?続きを読んでみよう。

グラフ畳み込みネットワークを用いた品質評価

Soumya Sanyalらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP