トランジスタの新潮流【AI論文】

   

技術職、あるいは技術系企業にいないと普段耳にすることがないが、実は生活の必需品となっているのがトランジスタというデバイスである。トランジスタとは半導体でできた「信号のスイッチ」である。コンピュータとは詰まるところ信号の切り替えの連続によって成り立っているわけであるので、トランジスタがなければ、ポケモンGOもNetflixもLINEも体験することができない。
今や発明の地の代名詞とも言えるシリコンバレーのシリコンとは半導体を意味し、それはすなわちコンピューターの祖を意味する。

https://youtu.be/OwS9aTE2Go4
世界を変えたもの、トランジスタ。

そんなわけで、コンピュータの需要が絶えない限りはトランジスタの需要が絶えることはないのだが、実は従来のトランジスタは「役不足」になりつつあるという。

トランジスタの市場規模は上昇し続けて2018年では163億ドルだという。
そんな大きな市場でも、既存の製品が独占し続けるわけではなさそうなところにまだまだ夢がある。

以下は研究者たちによる、AI時代の新しいトランジスタの開発研究論文の要旨である。

トランジスタの新潮流

(Featured AI) New trends in transistors. (Publication)

M. Hansen, F. Zahari, H. Kohlstedt and M. Ziegler, “Unsupervised Hebbian learning experimentally realized with analogue memristive crossbar arrays”. Scientific Reports, 8, 8914 (2018). について

DOI: 10.1038/s41598-018-27033-9

3つの要点

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP