半導体はクリーンに生産できるか。Gray Wolfアルゴリズム(AI×製造)【論文】

   

世界では、1ヶ月に半導体が1890万枚生産されている(2018.12時点、200mmウェハ換算)。台湾、韓国、日本の順に生産シェアが高い。日本の半導体生産は東芝メモリとルネサス エレクトロニクスが担っており、生産量は落ちてきてはいるが、まだまだシェアは高いというのが実情である。

さて、半導体の生産は環境に対して悪影響がないわけではない。様々な資源や大量のエネルギーを消費するからだ。
そのため有害物質の使用料削減およびCO2やフロン系ガスなどの地球温暖化ガスの削減が各企業に求められている。

AIで、生産システムを見直し、環境に配慮した仕組みづくりができたなら。
研究者らはそのビジョンを一本の論文で明かした。

3つの要点

✔️半導体部品は環境を考慮した製造体制の確立が急務である。

✔️工場管理の最適化が研究された。

✔️「灰色オオカミ」という新アルゴリズムが開発された。

以下で詳細を述べる。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP