表情から運転者の痛みを認識し、事故発生を防止(AI×ヘルスケア)【論文】

   

非言語情報をもっと活用したい

人はお互いコミュニケーションを取り合う中で、身振り手振りなどの非言語的な手段で感情の状態を伝えている。とりわけ顔の表情は、感情のみならず人のあらゆる状態を表現する。

最近では、表情を分析してヘルスケアに生かす研究が進められている。しかし、現時点では、日常生活に必要なサービスとしてではなく、保健所や一部の医療機関のみで提供されている。そのため、日常生活の中で突発的に発生する事故の防止や緊急時の対応への活用が求められている。

韓国にある尚志大学校のChang-Min Kimらは、運転者の健康状態を分析するために、線分特徴解析・畳み込み・再帰NNを組み合わせたLFA-CRNNを用いた表情解析を構築した。これにより自動車事故の防止や、急性疾患の対応のために、健康リスクを管理するサービスを提案した。

結果、高性能で表情解析できたのだろうか?続きを読んでみよう。

表情から健康状態を判断するシステム

Kimらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP