老人ホームへのロボット配備PJ【AI論文】

老人ホームへのロボット支援の導入が重要であると言われて久しい。
20年後には国内の三人に一人が高齢者と言われている。
介護の人の手が足りなくなり、困るのは自分たち自身というわけだが、さて如何にして解決したものか、というわけでロボットの導入に白羽の矢が立った。

https://youtu.be/8S1Nb3roHm0
癒し効果のあるロボットの老人ホーム導入についての紹介動画。力仕事ばかりが介護ロボットの役割ではない。

高齢者介護用のロボット本体の設計は数年前から各企業・機構が大手を振って取り組んでいるが、果たして老人ホームに適切にロボットを配備していく計画は立てられているのだろうか?

日本国内だけでも老人ホームの部屋数は3000室を超え、無計画にはアップデートしてはいけないだろう。

さて、老人ホームのロボット配備に関する課題は国外でも盛んに議論されている。カナダも年々高齢化が進んでいる国として危機感をもっているようだが、現地の研究者らはロボット配備に関してAIを活用した研究を行なったようだ。

老人ホームへのロボット配備PJ

(Featured AI) PJ of distributing robots to elderly house (Publication)

T. T. Tran, T. Vaquero, G. Nejat and J. C. Beck, “Robots in Retirement Homes: Applying Off-the-Shelf Planning and Scheduling to a Team of Assistive Robots”. Journal of Artificial Intelligence Research, 58, 523-590 (2017). について

DOI:https://doi.org/10.1613/jair.5306

3つの要点

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP