疲労度が数値で分かる!? 「注目のAI特許」今週の5本(2020年5月第4週版)

   

特許は、AI研究が理論で終わらず実用化された事例の集大成です。「今週の5本」シリーズ特許編では、1週間以内に発表されたAI関連特許を紹介します。今週は、以下の5つの特許に注目していきます!

今週のラインナップ
1. 疲労度を可視化して過労死を予防
2. リアルなアバター合成の新技術
3. 画像で良い牛乳と悪い牛乳を見分ける
4. 好きな歌声をAIで手軽に再現
5. 機械のUIをパーソナライズ

バックナンバーはこちら

疲労度を可視化して過労死を予防

ASSEST株式会社は、従業員の疲労度を判定できるAIプログラムを開発しました。

過酷な労働による過労死は大きな社会問題となっています。これからの企業には、従業員に無理をさせない労働体制や、疲労が蓄積されている従業員のケアなどの、健康的に働くことができる環境整備が求められていきます。

開発されたプログラムでは、従業員の勤務状況や、毎日の業務件数(営業ならテレアポ数、飲食店なら調理数など)、年齢・性別・家族構成などの属性情報をAIが総合的に分析することで、疲労度を0~100%で算出することができます。こうした詳細なデータをどのように収集するかは課題となるでしょうが、従業員一人一人の疲労度をこまめに把握することで、過労死の予防や適切なセルフケアにつながるでしょう。

特許の詳細:疲労度判別プログラム

関連記事:運転中の眠気をリアルタイムで判定できるか?

リアルなアバター合成の新技術

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP