ライドシェアと自動運転車が実現した世界をシミュレートしてみた【AI論文】

Uberは相変わらず自動運転車の開発を続けている。
個人のタクシードライバー化を進めたUberが掲げるビジョンは、社会的なライドシェアの実装。
それと自動運転車が結びつくロジックは、交通システムが究極的に効率化される世界観なのだ。

世界を変えていく機会の創出
別の場所へ向かうこと、それが新しい喜びを生む。都市間の移動や夢の実現など、目的地はさまざま。その機会は常に目の前に開かれ、現実になろうとしています。シンプルな操作で利用できる配車サービスとしてスタートした Uber は、テクノロジーの応用により、世界中の人々の移動をさまざまな形で支え、無数のつながりを生み出してきました。

https://www.uber.com/jp/ja/about/

https://youtu.be/YKQ-6YnrKNc

また、このような話題もある。

AIサミットの基調講演では、UberのチーフサイエンティストであるZoubin Ghahramani教授が、AIの最先端が今日どこにあるのか、そしてそれが輸送の未来に対するUberのビジョンにどのように適合するかを詳しく掘り下げた。

“The Frontiers of Machine Learning at Uber” https://aibusiness.com/uber-keynote-ai-summit-san-francisco/

しかし、ビジョンを推し進めるプレーヤーたちに追いつくスピードで、そのビジョンのサステナビリティー(持続可能性)を別の誰かが考える必要があるだろう。

以下はニュートラルな立場で世界を俯瞰する研究者らが、ライドシェアと自動運転車が実現した世界は現在の世界をどう変えるのかを研究した結果報告である。

ライドシェアと自動運転車が実現した世界をシミュレートしてみた

(Featured AI) Tried to simulate the future world that have realized ride-share and self-driving. (Publication)

Luis M. Martinez, José Manuel Viegas, “Assessing the impacts of deploying a shared self-driving urban mobility system: An agent-based model applied to the city of Lisbon, Portugal”. International Journal of Transportation Science and Technology, 6(1), 13-27 (June 2017). について

DOI: 10.1016/j.ijtst.2017.05.005

3つの要点

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP