新型コロナ感染防止策への「国民の納得度」わかる?Twitter分析(AI×ウェブ)【論文】

   

新型コロナウイルスの感染拡大防止策の維持

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延を遅らせ、医療システムを維持するために、世界では様々な対策が実施されている。例えば中国では、患者の自宅隔離、自宅検疫、社会距離戦略(ソーシャルディスタンス)、学校や大学の閉鎖などが行われた。結果、新規感染者の増え具合の指標であるR0を1以下に減少させることに成功した。

サウジアラビア政府は、2020年3月2日に最初の症例が検出されて以来、様々な公衆衛生対策を実施してきた。しかし、これかの対策が効果的なものになるには、おそらくワクチンが利用できるようになるまで、長期間にわたって継続する必要があるだろう。

そこで、こんな研究を紹介しよう。

アメリカにあるテンプル大学のM. Alhajjiら研究者は、新型コロナウイルス感染症が感染拡大している状況において、人々が継続的に努力する必要があることに着目し、政府の施策に対する国民の意見をtwitterデータをセンチメント分析する手法を試みた。

どのような分析結果が得られたのだろうか?続きを読んでみてほしい。

AIで未来を変える仲間:Mohammed Alhajjiについて
アメリカのテンプル大学に所属する社会科学・行動科学の博士・コンサルタント。専門分野は、主に公衆衛生における意思決定やコミュニケーション。

政府の施策に対する国民の意見を分析

M. Alhajjiらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x