未解明なアルツハイマー病の原因、AIに発見できるか(AI×医療)【論文】

   

アルツハイマー病は原因が不明

アルツハイマー病(AD)は、様々な要因が複雑に関与する神経変性疾患であり、世界中で約3,600万人に影響を及ぼし、2050年までには発生率が約3倍になると予想されている 。しかし、この疾患の診断法や病因は未だ明らかにされていないのが現状である。

近年、ニューロイメージング技術の急速な発展に加え、ADに関連する遺伝子やタンパク質に関する情報のデータベース化が進んでいる。これらのデータを組み合わせて総合的に分析できれば、疾患の早期診断法や原因物質の特定が期待できる。

中国にある湖南師範大学のXia-an Biら研究者は、ADの診断法や原因物質が未だ明らかでないという課題に着目し、 複数のデータを組み合わせて分析する機械学習フレームワークの開発を試みた。

結果、ADの診断に役立つ因子は見つかったのだろうか?続きを読んでみよう。

AD患者の脳領域とリスク遺伝子の特定

Xia-an Biらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP