「筋肉の老化」予測できる?アンチエイジングが加速する(AI×創薬)【論文】

   

世界中で老化の進行が問題

世界中で65歳以上の人口が増加しており、骨格筋量や骨格筋力の低下といった加齢に伴う問題を生じる人が増えている。筋肉の老化は生活の質に大きく影響を与えるため、筋肉の老化に関する研究の促進は必要不可欠である。

老化の指標となるバイオマーカー(老化バイオマーカー)は、老化による筋組織の変化を追跡し、アンチエイジング治療を評価できる可能性を秘めている。老化バイオマーカーを特定し、そこから年齢を予測できるようになれば、筋組織特異的な抗老化治療の新しい標的を特定できるかもしれない。

そこで、こんな研究を紹介したい。

香港のベンチャー企業Insilico MedicineのPolina Mamoshina研究者らは、老化バイオマーカーを発見し、抗老化治療の薬物標的を同定するという課題に着目し、骨格筋の遺伝子発現プロファイルに基づいた、年齢予測モデルを開発した。

結果、予測モデルは骨格筋組織から年齢を予測できたのだろうか?

AIで未来を変える仲間:Polina Mamoshinaについて
香港の創薬ベンチャー企業Insilico MedicineのAI部門(拠点はアメリカ)でバイオマーカー開発に従事している。

老化治療薬の新たな標的を探る

Polina Mamoshinaらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP