糖尿病予備軍は「心電図」を見ればわかる!?(AI×医療)【論文】

   

糖尿病を発症する前の介入

国際糖尿病連合(IDF)が2019年に発表した世界糖尿病マップ第9版によると、世界では約4億6,300万人が糖尿病を患っており(世界人口の8.3%)、その数は急速に増加している。

糖尿病患者を増やさないためには、糖尿病になりそうな人(糖尿病予備軍)を早期発見し、糖尿病を発症しないための医学的介入をする必要がある。

中国にある中国農業大学のLiyang Wangらの研究者は、心電図画像を用いた糖尿病の発症予測において、ディープラーニングモデルを用いて新たな発症予測の手法を確立することを試みた。

結果、新たな発症予測モデルを開発できただろうか?続きを読んでみよう。

心電図から糖尿病予備軍を発見

Liyang Wangらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP