クローン病に治療は有効か?予測してみよう(AI×医薬品)【論文】

   

薬の治療効果には予期せぬ個人差が生じる

クローン病は、免疫機能の異常により消化管にて炎症が生じる難病指定の疾患である。クローン病の治療薬であるウステキヌマブは、長期間の投与が必要であるが、十分な治療効果が得られない場合が多い。

また、近年、患者個性に合わせた治療戦略に関心が集まっている。 クローン病の治療においても、ウステキヌマブの長期治療を行う前に、検査値からウステキヌマブに対する持続的な治療効果を予測することは非常に重要である。

アメリカにあるMiCHAMPのAkbar K. Waljeeら研究者は、クローン病の治療における治療薬の長期投与の効果の予測という課題に着目し、検査値データを用いた機械学習モデルの構築およびその予測性能の評価を試みた。

結果、長期投与における治療効果の予測はできたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Akbar K. Waljeeについて
アメリカのミシガン大学の医療センターであるMiCHAMPの内科准教授。主な研究テーマは、個別化医療のための機械学習の応用。

クローン病治療における治療薬長期投与の効果予測

Akbar K. Waljeeらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP