カーブ事故から人間を救うためのアルゴリズム登場【AI論文】

「視界が悪く、カーブの続く道路状況をいかにして解消できるのか?」

https://youtu.be/psdrqVElnRY

2018年における国内交通事故死者数は、統計開始以来最低を記録したのを知っているだろうか?
その数、3532人。
交通事故死者数は1948年から統計が記録開始されている。1948年といえば、カーナビも、人工衛星も、安全装置も、今より全く普及していなかった時の話だ。

もちろん、交通量はその頃と比べて倍増していることだろう。加えて、需要に応える形で山道など曲がりの多い道も車道として開かれた。
その結果、事故は激増した。

AI時代は、交通事故の発生、ましてや増加にケリをつけたい。研究者らは、1本の論文発表を行なった。

カーブ多発地域におけるGBC(ジオブロードキャスト)戦略の比較評価

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP