太陽電池×AI。設計技術の果てなき進歩【AI論文】

   

https://youtu.be/VZjEvwrDXn0

イーロン・マスク氏のビジョンの含む大きなキーワードの一つは「環境」である。人類全体の未来を思い、彼は既存のエネルギー問題を解決することを目指している。
そして、テスラのEV(電気自動車)に加えて、ソーラーシティという太陽光発電都市プロジェクトをつくった。

太陽光発電は、あらゆる発電方法の中でトップクラスの期待値を抱えている。
願わくば、あともう一声発電効率が高まれば良い。
(太陽光発電パネルは廃棄時に環境を汚す危険性があるため、生半可な効率の太陽光発電装置は敬遠される。)

原子力発電に対する不信感が高まる世の中において、太陽光発電のさらなる性能アップにかける研究者たちに注目が集まっている。

以下は、AI技術を用いて太陽電池の設計最適化を目指す研究者たちの論文紹介だ!

太陽電池×AI。設計技術の果てなき進歩

figure4

(Featured AI and healthcare) Machine learning can be used to optimize solar cell design for maximal energy production! (Publication)

J. M. Ripalda, J. Buencuerpo and I. García, “Solar cell designs by maximizing energy production based on machine learning clustering of spectral variations”. Nature Communications, 9, 5126 (2018).

DOI: 10.1038/s41467-018-07431-3

3つの要点

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP