物流企業のAI技術活用【AI論文】

背景

研究者らは、会社が生産および倉庫内で、AIをどのように使用できるかをまとめた。
以前に開発されたLogistics 4.0の成熟度モデルに基づき、著者は人工知能の成熟度レベルも提案しており、そして、選ばれたポーランドおよびノルウェーの企業でそれについて調査が実施され、実際のAIの開発および成熟レベルについて認識された。

人工知能、インダストリー4.0、ロジスティクス4.0および成熟度モデル

しかし、著者は、AIの利用を強化する可能性が最も高いブランチやエリアを特定するために、さらに開発および拡張されるマルチケーススタディとして研究の予備段階を提示している。
さらに、人工知能の実装の潜在的な方向性と、大企業だけでなく中小企業でも予測されるビッグデータや最適化の問題に対処するのに役立つツールを紹介した。
著者は、人工知能4.0という用語を提案して、Industry 4.0およびLogistics 4.0の範囲における実際の傾向とAIに関する革命を指摘した。
疑いもなく、AIは製造業だけでなく運輸・物流業界にとっても大きな課題であり、実用的な問題を解決するためにAIの用途を拡大および拡大する必要がある、と述べた。

方法

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP