運転中の眠気をAIがリアルタイムで判定(AI×都市)【論文】

   

運転中の眠気による事故が多発

運転中に眠気を感じたことはあるだろうか?眠気とは、覚醒と睡眠の中間にあたる状態と定義され、認知と運動のパフォーマンスに悪影響を与えるものである。

実際、運転中の眠気によって毎年何千人ものドライバーが重大な事故を引き起こしている。このような事故を防止するために、運転者が眠気を感じているときに警告を発するような眠気判定システムの開発が重要となる。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルギーにあるリエージュ大学のQuentin Massozらは、運転中の眠気を判定することを目的として、精度と応答性の両方を兼ね備えた新しい眠気特性評価システムの開発を試みた。

結果、眠気を判定することはできたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Quentin Massozについて
ベルギーのリエージュ大学電子工学・コンピュータサイエンス学科の博士学生。コンピュータビジョンやオーディオアプリケーションと機械学習に関する研究を行っている。

マルチタイムスケールの眠気特性評価システム

Quentin Massozらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x