生き延びる治療法を選ぶには?AIでがんの生存予測(AI×医療)【論文】

   

食道がん患者の1年後の生存を予測する

がん患者や医師にとって、治療法の選択は人生を左右する重大な決断である。その重要な判断材料に生存確率がある。しかし、生存予測に対して、既存手法では十分な精度とは言えず、改良や新しい手法の発見が模索されている。

近年、放射性薬物を体内に投与してブドウ糖代謝を撮影するPET(Positron Emission Tomography)が、患者の生存率を予測する可能性があることが示された。PET画像による生存予測はまだ確立されていないものの、非常に期待されている。

台湾にあるaetherAI, Co., Ltd.のCheng-Kun Yangら研究者は、食道がんのPET画像を用いた生存予測において、機械学習を使用して新たな生存予測の手法を確立することを試みた。

結果、食堂がん患者の生存を正しく予測することはできたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:aetherAI, Co.について
台湾のaetherAI, Co.は、医療画像とAIを活用した画像分析プラットフォームの開発を行っている。複数の医療センターをパートナーに持つ。

PET画像から高精度で生存率を予測!

Yangらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP