エネルギー管理システムに使える電力需要予測法を開発!(AI×環境)【論文】

   

エネルギー消費の拡大と、管理システムの必要性

産業の発達に伴ってエネルギーの需要は非常に高くなり、 エネルギーは国の政策においてより重要視されるようになった。

そんな中、高騰するエネルギーの需要を制御するためにエネルギー管理システム(EMS)の重要性が増している。効率的なシステムを構築するためには、さまざまな条件でエネルギー需要を予測する必要がある。

韓国にあるYonsei大学のJin-Young Kimら研究者は、エネルギー消費が増える中で効率的な電力管理システムが求められているという状況に着目し、将来の電力需要をディープラーニングで予測することを試みた。

結果、有用な予測手法を構築できただろうか?続きを読んでみよう。

ディープラーニングを用いた電力需要予測

Jin-Young Kimらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP