犬の気持ちをAIで推測してみよう【論文】#ペットとAIの話

   

機械学習で犬の行動や感情を検知できる!?

犬をペットにする人にとって、犬はかけがいのない存在であり、家族同然の存在である。人間の子供は、成長につれて自分の気持ちを言葉に表すことができるが、犬は、成長としたとしても人間に通ずる言葉を発することはできない。しかし、犬のある仕草で犬の心理がわかるという。

犬の気持ちを表すサインとしてよく挙げられるのが、尻尾の動きである。犬の尻尾は、振っているからといって嬉しいとは限らない。尻尾から読み取れる犬の感情の違いを理解することができれば、より正確に犬の気持ちを知ることができる。

韓国の仁済(Inje)大学校のSatyabrata Aichら研究者は、犬の尻尾にウェアラブルセンサをつけ、加速度センサデータとジャイロスコープデータを用いて、活動と感情を検出することを試みた。

AIで未来を変える仲間:Satyabrata Aichについて
韓国の仁済大学校コンピュータ工学科の教授。専門は機械学習。

ウェアラブルセンサを用いた犬の行動・感情の分析

Satyabrata Aichらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP