AIでペットと会話できる?「注目のAI特許」今週の5本(2020年4月第3週版)

   

特許は、AI研究が理論で終わらず実用化された事例の集大成です。「今週の5本」シリーズ特許編では、1週間以内に発表されたAI関連特許を紹介します。今週は、以下の5つの特許に注目していきます!

目次
1. 飼い主とペットが「鳴き声」で会話できる!?(AI×ペット)
2. 運転中の寝落ちをAIが防止(AI×自動車)
3. 入居者の気持ちに寄り添う介護施設マッチング(AI×介護)
4. 仮想空間で自分の髪型をリアルに再現する(AI×VR)
5. 製造レシピのシミュレーション精度向上(AI×製造)

バックナンバーはこちら

飼い主とペットが「鳴き声」で会話できる!?

韓国のLIM Sung Ki氏は、飼い主がペットに伝えたい意思や感情を、ペットに伝わる鳴き声で再生するAIアプリケーションを開発しました。

昨今のAI技術の発達により、人間の高品質な合成音声を容易に作れるようになりました。しかし、動物の意思や感情を示す鳴き声を合成するのは簡単ではありません。既存の方法では、サンプル集めが困難であり、合成手法も複雑であるためです。

開発されたアプリでは、「おなかすいた」「おしっこしたい」などの意思表示をした時のペットの音声をアップロードすると、AIが音声の特徴を学習します。そして、アプリが飼い主がペットに伝えたい意思や感情を入力すると、ペットに伝わる”鳴き声”で再生してくれます。動物が人間の言葉を話すシーンはアニメなどで見られますが、人間が動物語を操るという発想は斬新ですね。

特許の詳細:METHOD FOR PROVIDING COMPANION ANIMAL SOUND SERVICE BY USING DEEP NEURAL NETWORK MACHINE LEARNING-BASED ARTIFICIAL INTELLIGENCE

☆AIで猫の気分も知ることができます!
関連記事:猫「ニャー」AI「お腹すいた?」鳴き声からネコを理解しよう

運転中の寝落ちをAIが防止

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP