AIクイズ100【第27問】「次元の呪いとは?」

   

クイズに答えながらAIの基礎知識を学べる「AIクイズ100」。100日間、1日1問のクイズにチャレンジながら、AIに詳しくなりましょう!(クイズ一覧はこちら

第27問

「次元の呪い」の説明として適切なものを1つ選んで下さい。

A.説明変数が2倍になると、計算時間が2乗になるという経験的法則のこと。
 
B.人間は4次元以上の立体を想像できない、という生物学的特性のこと。
 
C.説明変数が増えると、特徴量が指数関数的に増えること。
 
D.学習モデルの性能が、特徴量の次数に制約されること。
 
E.特徴量の次元が増加すると、特徴空間の形式が自明でなくなること。

答え

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP