統合失調症を正確に見つけるための技術(AI×医療)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIの新手法

近年、脳磁気共鳴画像MRI)データセットを医療診断に利用することへの関心が高まっている。とりわけ統合失調症の分野では、MRIデータに基づく機械学習アルゴリズムの予測力を評価する研究が相当数行われている。

診断精度を向上させるために、異なるMRI機器によって生成された画像に含まれる情報を組み合わせる方法(マルチモーダルMRIと呼ばれる)が探究されてきた。 しかし、まだ調査が必要な分野である。

スペインにあるFIDMAG Hermanas Hospitalarias研究財団のRaymond Salvadorら研究者は、統合失調症患者96名と健常者115名を対象として、5つの異なる脳マップを作成した。そして、複数のMRIデータを処理する為の最善な手法を、ディープラーニングを含めて検討した。

結果、新しいマルチモーダルMRIは統合失調症の検出に有望だったのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Raymond Salvadorについて
FIDMAG Hermanas Hospitalarias研究財団の主任研究員。2002年よりブレインイメージング分野の研究を開始。精神医学研究用のイメージングツールの開発・応用に関するプロジェクトに携わっている。

新しいMRI手法に適した機械学習モデル

Raymond Salvadorらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP