カーブでの交通事故はなぜ起こる?AIが要因を解明(AI×都市)【論文】

   

カーブでの事故による深刻な被害

自動車社会の普及に比例し、交通事故が多発している。事故は器物の破損や死傷者を引き起こし、その経済的な損失は非常に大きい。道路管理者たちにとって事故率、怪我の重症度を減少させることは長年大きな課題となっている。

2007年の後半、フロリダでの交通事故により、1392人が死亡した。その内、176人の死者がカーブで発生した事故によるものだった。これは全体の12.6%を占めており、非常に高い。そのため、カーブでの事故の被害に大きく影響する要因の特定が非常に重要だ。

中国にある上海交通大学のLian Zhuら研究者は、カーブでの事故の被害に大きく影響する要因の特定という課題に着目し、ベイジアンネットワークに基づくモデルを開発し、事故の各要因の重要度を評価した。

その結果、カーブ事故に大きく影響を与えている要因は何だったのだろうか?続きを読んでみよう。

ベイジアンネットワークに基づくカーブ事故要因の重要度評価

Lian Zhuらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP