製造業界のイノベーションに必要な知識を収集するには?(AI×製造)【論文】

   

技術革新のための知識は複雑

急速に変化する市場に対応するため、製造業界では技術革新が重要となっている。発展途上国ではエネルギー消費量の削減と持続可能性を確保するために、先進国では新製品の開発にプロセス・イノベーションが欠かせないものとなっている。

しかし、技術革新は単純ではない。一般的にプロセス・イノベーションは開発のリスクが高く、多大な努力を必要とする。さらに製造工程の革新は横断的・学術的なシステム工学の一種であるため、ノウハウを持つ技術者や管理者が求められている。しかし、そうした知識は効率的に整理されていない。

中国にある長安大学のGangfeng Wangらは、体系的な製造革新の知識を取得し、プロセス・イノベーションにおける問題解決を支援する知識収集システム(MPI-OKCS)を構築した。

結果はどうだったのだろうか。イノベーションの原理は分析できるのだろうか?

AIで未来を変える仲間:Gangfeng Wangについて
長安大学の機械工学科で博士研究員を務める。主な研究対象は、スマート製造情報学、スマートプロセスプランニング、知識主導の製品/プロセスイノベーション設計、インテリジェント建設機械の新製品開発など。(ResarchGateより

イノベーションの知識を収集するためのシステムを構築

Gangfeng Wangらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP