世界同時並行で実験を進めるロボットAIネットワーク!【AI論文】

研究開発、効率化しませんか

2017年におけるR&D(研究開発)支出は、Fortune500を含む世界のトップ1000社の総額が7020億ドルであった。それは前年比3.2%増であり、歴史的数字であったという。

https://youtu.be/XC31N9KbOEs
R&Dの専門家が述べる「イノベーションの基礎」についてのTED Talk。企業の研究開発の重要さを語る。

日本国内は、政府支給の研究費には様々な物議があるものの、民間企業のR&D支出に関しては171社がトップ1000社にランクインするなど、R&Dに対する高いコミットメントを発揮している。ちなみに11位にトヨタが、19位にホンダが入った。

そのように「研究開発」の世界は、競争的な熱気を帯びてきている。

さて、実は昨今のAI技術の発展により、実験を行うAIが研究されている。
IoT(モノのインターネット)とAIをかけ合わせると、さらに世界的に繋がれたネットワークで相互に状況を見ながら実験を行うことができるという。

そんな研究の要旨を、以下に紹介しよう。

世界同時並行で実験を進めるロボットAIネットワーク!

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP