金属3Dプリンティング×AI。【AI論文】

   

https://youtu.be/te9OaSZ0kf8

もともとは1980年からすでに開発されていた3Dプリンターが一般的価格で登場し、世間を賑わせ始めたのは2013年ごろ。その年、個人用3Dプリンターは7万台の出荷を記録したという。

はじめはモノクロで樹脂のみの3Dプリンティングが可能とされていたが、カラーが可能になり、果ては金属の3Dプリンティングが可能となった。

だが、まだまだ、建築や製造の現場での活用が十分進んでいない。
耐久性などの課題が解決されていないからだ。

3Dプリンターの経済効果は2020年に世界で21兆円になるとも言われている。
それは、「加工の手間」を省くポテンシャルがあるという意味合いが大きい。

コンピューターと接続するだけで、誰もが思いのままの金属製品を3Dプリンティングできたら、どんなに豊かな社会になるだろうか?

以下は、金属3Dプリンティングの基礎技術の向上に貢献する技術発表の要旨である。

金属3Dプリンティング×AI

(Featured AI) Machine learning aids laser metal deposition! (Publication)

F. Caiazzo and A. Caggiano, “Laser Direct Metal Deposition of 2024 Al Alloy: Trace Geometry Prediction via Machine Learning”, Materials, 11(3), 444 (2018).

DOI: 10.3390/ma11030444

3つの要点

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x