監視カメラがAI化!自ら「判断」できる時代。【AI論文】

セキュリティ需要の継続的増加を見て

時価総額2兆円超えの企業が日本にいくつあるか知っているだろうか?

株式市場に上場している企業のうち、時価総額が2兆円を超えている企業は60社。
全国にある421.0万社のわずか0.001%の割合だ。

さて、この10年で株価が2倍以上に膨らみ、そんな0.001%の枠に入った企業がある。
センサー付きシステム警備をサービスとしている、SECOMだ。
SECOMは50年前に国内初の警備会社としてスタートし、絶えず成長し続けている。

https://youtu.be/tRitCrPgkt0

国、都市の熟成度が上がってくると人々が求めるものはさらなる安全なのだろうか。
監視・警備の分野はいまや最もテクノロジーが進んだ領域と言っても過言ではない。

そしていま、AI技術の台頭によって警備テクノロジーはさらなる飛躍を見せている。

監視カメラの映像を人間が目視で確認する時代は終わった。
そう告げる一本の論文がリリースされた。

以下がその要旨である。

監視カメラがAI化!自ら「判断」できる時代

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP