AIは自殺を防げるか。脳画像から「死にたい」を予測(AI×メンタルヘルス)【論文】

   

世界的に深刻な自殺問題

自殺は世界的に深刻な公衆衛生上の問題である。2012年には、約80万人が自傷行為により死亡している。国際的な調査では、生涯にわたって自殺念慮をもつ人の割合は9.2%であることが示されている。

自殺を望むことは、自殺過程の最初の段階であり、自殺予防のための潜在的な入り口であると考えられる。しかしながら、自殺リスクの評価は臨床医の経験に依存しており、多くの医療従事者は自殺リスク評価に不慣れである。

台湾のChang Gung UniversityのJun-Cheng Wengらの研究者は、自殺の予防と早期発見のため、オートエンコーダーと機械学習モデルを用いて、脳構造画像から自殺傾向のある人の予測を試みた。

結果、自殺念慮を予測することはできたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで脳を分析、自殺念慮を予測

Jun-Cheng Wengらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP