「ノンアル」AIで証明できる?

   

期待のセンサー技術が進化する

車の運転をしなければいけない、或いは明日の朝が早いなどの理由で飲酒を控えたい人は、ノンアルコール・ビールなどの代替措置をとることで雰囲気だけでも飲み会を楽しむ場面はよく見られます。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽にアルコール有無を調べられるポータブル・アルコール検出器は精度が低いと言われています。
しかし、機械学習との組み合わせでそのポテンシャルが発揮される、との研究成果が出たようです。

ももか
ももか

ねえねえ、今日飲みに行かない?

いいよー!あ、でも明日朝早いしノンアルにしようかな、、、

ほのか
ほのか

ももか
ももか

えー、ビール飲もうよ!ビール!!!

あ、ビールといえば、、
ビールにアルコールが含まれるかどうかは、「近赤外分析」っていう方法で調べられるらしいよ。

ほのか
ほのか

ももか
ももか

近赤外分析って何?

近赤外分析×機械学習

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP