週明けまでにキャッチアップしたい「新着AI関連特許」

   

特許は、AI研究が理論で終わらず実用化された事例の集大成です。「今週の5本」シリーズ特許編では、1週間以内に発表されたAI関連特許を紹介します。今週は、以下の5つの特許に注目していきます!

目次
1. 目が見える掃除ロボット(AI×ロボット)
2. 肌を刺激する化粧品成分を予測(AI×材料)
3. AIが曲の完成を最後までサポート(AI×アート)
4. NPCと会話できるゲームAI(AI×エンタメ)
5. 囲碁の次は「タンパク質」?AIで構造予測(AI×R&D)

バックナンバーはこちら

目が見える掃除ロボット

韓国のサムスン電子株式会社は、掃除ロボットが周囲の物体を認識して実行すべきタスク決定するためのAIシステムを開発しました。

家庭用の掃除ロボットは、障害物を避けながら掃除してくれますが、実は障害物がどのような物体であるかは認識していません。センサーが物体を感知すると、同じパターンの物体を避けるようなしくみになっています。ロボットが物体の種類を認識し、家の構造を識別できるようになれば、より自律的に掃除をしてくれそうです。

開発されたAIシステムは、カメラを用いて取得した周囲の画像をもとに、掃除ロボットが動くべき位置をマッピングします。掃除ロボットに掃除させるために人間が部屋を整理する手間も省けるかもしれません。

特許の詳細:CLEANING ROBOT AND METHOD FOR PERFORMING TASK THEREOF

☆家全体にもAIが搭載されたらもっと便利に?
▶ 高齢者でも対話式で楽に制御!NLP技術を駆使したスマートホーム

肌を刺激する化粧品成分を予測

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP