5G×機械学習。新ネットワークはAIで開発!【AI論文】

手放しで歓迎できるか

ITは成長の一途を辿っているが、その成長に乗じて利益を伸ばすのは電波を握る通信サービス企業、半導体の製造企業など多岐にわたる。
その成長の次の大きな節目は次世代ネットワークの社会実装が達成されたときと言われている。

クアルコム、ザイリンクス、インテル。
ベライゾン、AT&T、Tモバイル。
日本で有名なのはソフトバンク。

もうお気づきと思うが、これらは5G関連銘柄として知られる企業群である。

5Gとは何か?
モバイル通信システムは、1Gからはじまり、現在の4Gまで進化してきた。10年前にはまだ3Gが多く使われている時代であった。
その進化の内訳は主に、「通信量」「通信速度」「遅延の短縮」などである。
それらの性能が、また更に一段階レベルアップしたのが5Gというわけである。

5Gのその先、6Gまでもが取り沙汰されるなか、コアなプレーヤー以外は5Gがいつ実装されるのか、実装されると何が良いことがあるのか、測りかねているのが実情である。

https://youtu.be/xtQiTuU9HO0

5Gの実装が足ぶまれているのは、様々な要因があるが、その一つにはエネルギー効率の改善必要性が挙げられるという。

しかし幸いにして、昨今は機械学習等のAI技術が大きく進化した。
AI技術によって5Gの問題点を解決する研究が、今まさに積極的に取り組まれている。
そんな状況をまとめた論文が発表されたので、以下で紹介しよう。

5G×機械学習。新ネットワークはAIで開発!

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP