タービン設計×AI【AI論文】

エネルギー変換のエースプレイヤー

我々が普段使用している機械は、とあるエネルギーがまた別のエネルギーに変換される構造になっている。

例えば扇風機は、電気的エネルギーがモーターによって機械的エネルギーに変換される仕組みだ。電気が電気のままであれば我々は爽やかな風を楽しむことはできない。モーターというエネルギー変換器があるからこそ、目的の体験を得ることができる。

電気エネルギーと同様の文脈で、世の中には、流体エネルギーというものが存在する。遊園プールに出かけた時に、「流れるプール」というコーナーを体験したことがあるかもしれないが、水という流体が持つエネルギーによって、プールに入る人々の体はある方向に動いてしまうというわけだ。

流体のエネルギー保存の法則も明らかにされている

そんな流体エネルギーは、枯渇資源とは異なるために、効率的な運用が期待されている。その目的をもった製品の代表例が風力発電機である。
風力発電を行うさいは、風の流体エネルギーを電気エネルギーに変換する必要がある。その際必要になってくるのが「タービン」である。風力発電機は風の流体エネルギーを翼によって受け止め、機械的エネルギーに変換したあと、モーターの逆の原理(発電機)によってそれを電気エネルギーに変換する。

風力発電タービンの世界シェア1位のVestasという企業はエコロジーブームの手伝いもあってか現在1.2兆円の売上を誇るそうだ。

https://youtu.be/uJBFAAJXH4c

エネルギー需要が高まる中、機械の効率性のみで勝負ができるタービンの注目度はますます上がるだろう。

そんなタービンが、機械学習技術によってより良い設計ができる、という研究発表が行われた!
以下は、その研究の要旨である。

機械学習モデルでタービン設計!

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP