より速い処理をー。自動運転の果てなき進化【AI論文】

現在は自動運転車開発の群雄割拠

競争するプレーヤーはすでに出揃ったのだろうか?

自動運転車の安全性、コストはそのアルゴリズムの処理効率に依存している。
インターネットに常時接続してクラウドで行うようなのんびりしたAIではなく、自動車の場合は処理を内蔵したコンピュータで瞬間的に行い続ける必要がある。そのための自動運転アルゴリズムというものは、研究してもしきれないほど課題が多く、責任の重さは人命に関わるため桁違いである。

さて、自動運転車の主要なメーカーを並べてみよう。

国内:トヨタ、日産、ホンダ、マツダなど
国外:ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、テスラ、GM、Google、Appleなど

https://youtu.be/MaGb3570K1U

彼らが競っているポイントは、先述した内部処理のためのアルゴリズムの性能に関する所が大きい。

アルゴリズムの開発は、地理的な要素によらず、属人的な身体スキルにもよらず、伝統にもよらない。それがアルゴリズムの面白いところだ。
つい先日、「これまでの自動運転アルゴリズム」の問題点にはっきりと異議申し立て、より良いアルゴリズムを提唱する論文が発表された。

その中身を見るにつけ、もしかすると自動運転の世界は(アルゴリズムを扱えるものなら)まだまだ誰にとってもチャンスが眠っているのかもしれないと感じた。

そんな発表の中身を、以下に紹介しよう。

より速い処理をー。自動運転の果てなき進化

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP