超電導の安全利用はできる?AIで事故を検出(AI×製造)【論文】

   

超電導応用が乗り越えるべき壁

工業用途で超電導を使用することの利点はよく理解されている。しかし、実際の応用では、安全な超電導回路を設計することは難しい。特に問題なのは、クエンチ(超電導状態が消失し、発熱すること)の発生である。そのため、超電導機器には特別な保護システムが必要である。

多くの保護システムは、データプロデューサと処理サーバで構成されており、ネットワーク負荷を軽減するために、プロデューサ内でのデータ処理を改善し、解析タスクの一部をプロデューサ内に移行させることが求められる。また、ハードウェア実装のため、そのプロセスサイズは小さい必要がある。

ポーランドにあるAGH科学技術大学のMaciej Wielgoszら研究者は、超伝導電磁石における経時的なクエンチ増加の発見という課題に着目し、埋め込み型リカレントニューラルネットワークの利用を試みた。

その結果、異常/非異常の分類精度や、 ハードウェア実装への適性はどうなっただろうか?続きを読んでみよう。

ハードウェア実装に適したスケーラブルなクエンチ検出手法

Maciej Wielgoszらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x