夢の材料「ナノファイバー」生産やくだつAI技術(AI×製造)【論文】

   

欠陥が発生しやすい材料

「インダストリー4.0(第4次産業革命)」の発展に取り組むエンジニアの課題の一つは、製造プロセスの最適化だ。このためには、欠陥や生産不良の早期発見が重要になってくる。

ナノファイバー材料は、様々な分野で使用されている直径100ナノメートル以下の繊維のことである。ナノファイバーを生産する際には、濃度や温度、湿度などに影響されてしまい、構造欠陥が発生してしまうことがある。

イタリアにあるミラノ・ビコッカ大学のP. Napoletanoら研究者は、製造現場において、欠陥を自動で発見するシステムが求められているという課題に着目し、走査型電子顕微鏡で撮影されたナノファイバー材料の欠陥を、類似度を計算することで自動検出する手法を提案した。

その結果、この手法の性能はどうだったのだろうか?続きを読んでみよう。

高精度・高速な欠陥検出に挑む

P. Napoletanoらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP